クラシック音楽名盤・廉価盤ガイド ブルックナー 交響曲全集(11曲) M.ボッシュ&アーヘン交響楽団(10SACD)
FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このCDと現在価格を見る(HMV) icon

HMVジャパン クラシック検索
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

ブルックナー 交響曲全集(11曲) M.ボッシュ&アーヘン交響楽団(10SACD)

マルクス・ボッシュ&アーヘン響によるブルックナーの交響曲全集
HMV発売日:2012年09月10日 マルチバイ特価(税込):¥9,769

これまで単品で販売されてきたマルクス・ボッシュ&アーヘン響によるブルックナーが全集の廉価ボックスとして集成。

しかも、既発リリース9曲だけでなく、2012年最新録音の『ヘ短調の習作』と『第0番ニ短調』の未発売2曲があらたに加わり、さらに通常盤CDでの発売であった『第7番』と『第8番』もSACDハイブリッド仕様となって登場ということで、バラで買った人にもアピール?

つまりは最新録音によるSACDのブルックナー 交響曲全集が廉価ボックスで買えるということ。その点で注目盤。

SACDはマルチ音声もついていて、オーディオ愛好家やマルチ環境のあるホームシアター構築者にも注目ソフトでしょう。録音面でもこれまでにすでに高い評価を得ているとのこと。

オーディオ興味のない愛好家的にも、第1番、第2番、第3番、第4番では初稿を採用した点や、ベンヤミン=グンナー・コールスらが2007年までに校訂した最新復元稿のフィナーレを収めた4楽章版による第9番など凝った版を使っていることが目を惹くはず。

SACD再生環境がなければやや高いですが、SACDとしてはやはり安く、新たにSACD環境を導入したくなるほどのインパクトがあるかもしれません。

なお、アマゾンでの発売予定日は2012年9月10日です。

 アーヘン交響楽団
 マルクス・ボッシュ(指揮)
アーヘン、聖ニコラウス教会(ライヴ)アーヘン、聖ミヒャエル教会(ライヴ)(第1番のみ)
録音:2003-2012年

SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

カタログNo : COV31215 レーベル:Coviello 枚数:10SACD
:ブルックナー:交響曲:廉価ボックス:SACD

Bruckner : The Complete Symphonies / sinfonieorchester Aachen, Marcus Bosch) [10 SACD Hybrid]


このCDの詳細曲目と現在価格を見る(HMV)
icon

HMVジャパン クラシック検索
[ 2012/08/18 17:55 ] ブルックナー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mmclassic.blog91.fc2.com/tb.php/136-bf9973fd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。