クラシック音楽名盤・廉価盤ガイド ブルックナー 交響曲第4~9番(6CD) クレンペラー&フィルハーモニア管










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このCDと現在価格を見る(HMV) icon

HMVジャパン クラシック検索
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

ブルックナー 交響曲第4~9番(6CD) クレンペラー&フィルハーモニア管

ブルックナー 交響曲第4、5、6、7、8、9番 クレンペラー&フィルハーモニア管、ニュー・フィルハーモニア管(6CD限定盤)

クレンペラー没後40年を記念したアニヴァーサリー・エディションの一環。

ブルックナーの第4番からあとの交響曲が全部入ったボックス。

録音はすべてステレオで、録音時期は1960年から1970年までの範囲。

つまり、最晩年のものもあり、その時期の演奏は独特のゆったりとしたテンポによる壮大な世界観が展開される独特ものと言われます。それは1970年に録音された第8、9番に特に見られるということです。

また、当時は人気がなく、今日でも人気があるとは言い難い第6番を、全集でもないのに録音しているところにもクレンペラーの姿勢が反映されています。

EMIの大物プロデューサー、ウォルター・レッグに対し、この作品のレコーディングを幾度か提案しながらも、「売れない」というもっともな理由で拒否され続けながら、結局EMIで録音できたというのは執念もの。

それだけクレンペラーはブルックナーへの思い入れがあるのですから、ここでの選集もいずれも力の入った珠玉の録音と言えるはずです。

なお、EMIからの援助打ち切りにより、フィルハーモニア管弦楽団が自主運営へと組織改変し、「ニュー・フィルハーモニア管弦楽団」となったため、この両楽団は実質同じなのはよく知られていることです。

フィルハーモニア管弦楽団
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
オットー・クレンペラー(指揮)

カタログNo : 4042962
組み枚数 : 6 レーベル : Emi Limited Box

HMV発売日:2012年10月29日  マルチバイ特価 (税込):¥1,904
アマゾンでの発売予定日は2012年11月6日

Bruckner: Symphonies Nos. 4-9 (Klemperer Legacy) [Box set, Import, from US]
Otto Klempere


このCDの詳細曲目と現在価格を見る(HMV)
icon


HMVジャパン クラシック検索
[ 2012/09/29 17:25 ] ブルックナー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mmclassic.blog91.fc2.com/tb.php/178-7e267617







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。