クラシック音楽名盤・廉価盤ガイド SONY ベートーヴェン・ボックス (34CD)
FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このCDと現在価格を見る(HMV) icon

HMVジャパン クラシック検索
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

SONY ベートーヴェン・ボックス (34CD)

ベートーヴェン 交響曲全集、ピアノ協奏曲全集、弦楽四重奏曲全集、ほか ルービンシュタイン、ほか(34CD)

イタリアSONYが企画したというベートーヴェンの主要曲ボックス。

34枚に交響曲全曲と協奏曲全曲、ヴァイオリン・ソナタ全曲、弦楽四重奏曲全曲、ピアノ・ソナタ26曲にピアノ三重奏曲2曲、序曲5曲、ロマンス2曲、七重奏曲、荘厳ミサ、フィデリオという内容。

初心者には十分すぎるほどのボリューム。

SONY、RCA、ARETE NOVAの音源を使用。演奏は基本的にアナログ時代のもので、有名ベストチョイスとはいかないものの、一流どころによる隠れた名演。

バーンスタインはウィーン・フィルとの新盤ばかり有名で割りを食っているだけで、悪くないでしょうし、ルービンシュタインの協奏曲も言われてみれば、と思うもの。

ブダペスト四重奏団の弦楽四重奏曲全曲もステレオ初期の名盤で、アルバン・ベルク登場まではかなり評価の高かったもの。演奏スタイルの古さは否めないかもしれませんが、曲を聴くには大丈夫でしょう。むしろ現代一般スタイルとの違いを楽しめるかも。

ヴァイオリン系にスターンがあるのも十分豪華。

ピアノソナタがなぜか全集でないのは、あまりにも新しい録音で全集が間に合わなかったから。ブッフビンダーの演奏は最新の楽譜研究を盛り込んだ点でも注目されるもの。

このように見てみると、破格の廉価でこの内容なので、やはりいいものだとは思います。普通の愛好家だとかえって持ってない音源が多そうなのもポイントかもしれません。

・交響曲全曲/バーンスタイン&ニューヨーク・フィル
・序曲5曲/バーンスタイン&ニューヨーク・フィル
・ピアノ協奏曲全曲/ルービンシュタイン、バレンボイム
・ヴァイオリン協奏曲/スターン(2種)
・ロマンス2曲/スターン、小澤
・七重奏曲/シャハム、トーンハレ管首席奏者
・三重協奏曲/ジンマン、シャハム、ブロンフマン、モルク
・弦楽四重奏曲全曲/ブダペスト四重奏団
・ピアノ三重奏曲2曲/インマゼール、ビルスマ、ベス
・ヴァイオリン・ソナタ全曲/ズッカーマン、ナイクルグ
・ピアノ・ソナタ26曲/ブッフビンダー
・荘厳ミサ/ジンマン&トーンハレ管
・フィデリオ/マズア&ゲヴァントハウス管

カタログNo : 88765406202
組み枚数:CD34 レーベル : Sony Classical *cl*

HMV発売日:2012年11月22日 まとめ買い価格(税込) : ¥4,845
アマゾンでの発売予定日は2012年11月20日

Scoprire Beethoven-I Capolavori [Import, from US]


このCDの詳細曲目と現在価格を見る(HMV)
icon

HMVジャパン クラシック検索
[ 2012/11/04 12:35 ] ベートーヴェン | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mmclassic.blog91.fc2.com/tb.php/186-75654ac7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。