クラシック音楽名盤・廉価盤ガイド クラウディオ・アバド ザ・シンフォニー・エディション(41CD)
FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このCDと現在価格を見る(HMV) icon

HMVジャパン クラシック検索
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

クラウディオ・アバド ザ・シンフォニー・エディション(41CD)

クラウディオ・アバド ザ・シンフォニー・エディション(41CD)

ドイツ・グラモフォンの企画による大型ボックス。

ベートーヴェン、ブラームス、シューベルト、メンデルスゾーン、そしてマーラーの交響曲全集に、ハイドン、モーツァルトの主要交響曲集をすべてクラウディオ・アバド指揮による演奏で収録した豪華なボックス。

アバドはこれらの曲を何度か録音していたりしますが、基本的に新しい録音からチョイス。廉価ボックスにしてはそこも豪華。

なにしろアバドですから、ベートーヴェン、ブラームス、マーラーが基本的にベルリン・フィル、ブルックナーがウィーン・フィルという豪華さ。

あとはおなじみのヨーロッパ室内管や、近年のルツェルン、モーツァルト管弦楽団との録音など。2000年代のものも含み、なんと今回初出の最新音源も(ルツェルンとのブルックナー1番、2012年録音!)。

これほどの内容をベルリン・フィル、ウィーン・フィルをメインに録音できた指揮者はカラヤン以外ではアバドくらいでしょう(近いのはムーティ、ハイティンクあたり)。

豪華なボックスですが愛好家的には贅沢な注文も?ベートーヴェンはウィーン・フィルとの旧盤がよかったのでは、とか、マーラーもウィーン・フィルとの旧盤バージョンがよかったとか?それはやはり贅沢。また、チャイコフスキーやドヴォルザークも入れて欲しかったかも。

この内容、価格、交響曲の名曲を思い切り楽しみたい初心者、中級者まで広く推薦できるでしょう。

ちょっとアバドがかわいそうな気がするほどのボックスです。

カタログNo : 4791046 組み枚数 :CD41 レーベル : Dg

HMV発売日 : 2013年04月30日

アマゾンでの発売予定日は2013年5月20日です。

The Symphony Edition [Import]
Claudio Abbado



このCDの詳細曲目と現在価格を見る(HMV)
icon

HMVジャパン クラシック検索
[ 2013/04/07 17:22 ] ☆演奏家別 指揮者 | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mmclassic.blog91.fc2.com/tb.php/224-7dea1414







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。