クラシック音楽名盤・廉価盤ガイド ブラームス:交響曲全集、協奏曲全集(8CD) メータ&ニューヨーク・フィル
FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このCDと現在価格を見る(HMV) icon

HMVジャパン クラシック検索
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

ブラームス:交響曲全集、協奏曲全集(8CD) メータ&ニューヨーク・フィル


ブラームス:交響曲全集、協奏曲全集 メータ&ニューヨーク・フィル、バレンボイム、スターン、ズッカーマン、ハレル(8CD)

HMVまとめ買い価格(税込) : ¥2,387 HMV発売日:2016年03月04日

ズービン・メータがニューヨーク・フィルの音楽監督時代(1978-1991)に録音した、ブラームスをまとめたボックス。

はっきり言って、メータ&ニューヨーク・フィルのコンビは録音面ではあまり良い評価を得ているとは言えません。メータとニューヨーク・フィルはともに、この時期を境に長期低迷に入ったとも言われるほどで、むしろ、クラシック音楽界の暗黒の歴史のような印象すらあります。

今回の録音も、普通の価格で単売の国内盤しかない時代なら、愛好家ならあえて買わない組み合わせです。というか、積極的にメーカーも販売しないと思いますj。

しかし、輸入廉価ボックスがたくさん発売されるようになり、以前あまり売れなかった録音でも、曲が珍しいなどの理由で再発掘されるものも多くなりました。メーカーも、有名録音が尽きて、売るものを引っ張り出す必要もあるのでしょう。

本録音がこのような理由で今回売りに出されるのかは不明ですが、再発掘的な録音であることは確かです。

もっと安価で、もっとCDの数を減らして売れば良かったかなとは思います。このままだとまた愛好家にスルーされてしまうような気がします…。

ブラームス:交響曲全集

● ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.15
Disc6
● ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.83
Disc7
● ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77
Disc8
● ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調 Op.102

ダニエル・バレンボイム(ピアノ:Disc5,6)
 アイザック・スターン(ヴァイオリン:Disc7)
 ピンカス・ズッカーマン(ヴァイオリン:Disc8)
 リン・ハレル(チェロ:Disc8)
 ニューヨーク・フィルハーモニック
 ズービン・メータ(指揮)

 録音時期:1978~1982年
 録音場所:ニューヨーク アナログ録音

:交響曲全集:ブラームス:ズービン・メータ

HMVジャパン クラシック検索
[ 2018/05/14 11:15 ] ブラームス | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mmclassic.blog91.fc2.com/tb.php/244-364f9251







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。